Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長崎女子商業高等学校


トピックス画像

トピックスTopics

Posted 2019.02.06カテゴリー:進路指導

内定者セミナーを実施しました

1月29日までに内定が来まっている3年生を対象に内定者セミナーが行われました。
卒業を間近に控え、早い人は3月から内定先の研修が行われます。毎年、働く準備の一つとして、心構えを教えていただきます。今回は、財津 和壽子(かずこ)先生にお越しいただきました。
最初にビジネスに必要な8つの意識と義務や、新社会人が望まれていることを話していただきました。大事なのは、会社で働く上司や同僚のもお客さまの1人だという意識だそうです。コピー1つ、頼まれても、それだけをこなすのではなく、その次、そのあとまでも気遣い、相手のことを考えて、行動する…それがひいてはお客さまへのサービスにも繋がると言うことでした。
講義をうけた、渕上晴奈さん(長崎西彼農業協同組合内定)は「人とのコミュニケーションの取り方や、改めて挨拶、身だしなみ、言葉遣いの大切さを学ぶことができました。自分から話すだけでなく、相手の話を聞くことが大切ということは印象に残りました!常に周囲に気を配ることのできる社会人になりたいです」と話してくれました。
気配りのできる社会人を目指して…生徒たちは真剣な表情で先生の話に聞き入っていました。

内定者セミナーを受けて、人とのコミュニケーションの取り方や、改めて挨拶・身だしなみ・言葉遣いの大切さを学ぶことができました。中でもコミュニケーションの取り方の話しの中で、「自分から話すことだけでなく、相手の話もしっかりと聴いてコミュニケーションをとることが大切」ということを学びました。
また、挨拶のポイントやお辞儀の基本などを再確認することができたので、社会人になった時に活かしていきたいです。言葉遣いや敬語、身だしなみにも気をつけ、常に周りに気を配れるような社会人になりたいと思いました。
渕上 晴菜(長崎西彼農業協同組合 内定)

内定者セミナーを受けて、社会人になるにあたってたくさんのことを学ぶことができました。私はコミュニケーションを取ることが苦手で、人と話すことだけがコミュニケーションだと思っていたのですが、「聴く」ということもコミュニケーションには必要だということを知りました。会社を辞める多くの理由として「人間関係」が挙げられるという話がありました。
自分を変えないと人間関係はうまくいかないし、コミュニケーション能力も身に付かないと思います。私は社会人になったら、高校3年間で身に付けたワンストップ挨拶や敬語の使い方など礼儀正しさを忘れずにコミュニケーションを取り、素敵な社会人になりたいと思います。また「悩んだ時や、苦しい時は友人に相談し、少しでも社会人として認められる」よう頑張りたいと思いました。
袖崎 沙羅(岡本ウーマンズクリニック 内定)